安全マネジメント

#

わが社の安全方針

安全運行は全ての業務に優先する


安全確保に対する社長の取り組み宣言

取締役社長は、安全運行が全ての業務に優先することが事業経営の根幹であることと深く認識し、社内に於いて安全運行の確保に率先して取り組み、且つ、事業所内に安全運行が全ての業務に優先することを徹底して根付かせます。


安全方針に基づく目標

2021年度(2021.4~2022.3)

・人身事故 0件
・物損事故 9件以下(前年度50%減)

法令・規則を遵守し、運転マナーの向上に取り組みます。


目標達成のための計画

① 対面点呼を確実に行い、ドライバーとのコミニケーションを密に行う。

② デジタルタコグラフによるドライバーの運転技能の向上を図る。(自分にも周りにも優しい運転を行う)

③ 定期的なドライバーと上長との意見交換、配車担当者と日常の報連相を密に行い安全運行を行う。

④ 法定点検プラス月1回の自主点検を行い、車両の不具合発生を防止する。


安全に関する情報交換方法

1.安全品質担当部会を設置、月1回定例化、社長直接指揮の基、安全品質向上に繋げる。

2.月次開催の安全衛生委員会、委員長、副委員長、事業所安全衛生委員から構成し無事故・無災害に向けた 取り組みを社内に浸透させ周知を行う。

3.事業所は、安全衛生委員が主体性を持ち職場での安全会議にて横展開を行い、全所員に周知、徹底を行う。


安全に関する反省事項

① 人身事故発生はないが、バック時の事故件数が全体の30%を占めている、また貰い事故も多い。

② デジタコの月次評価での個人間格差が有る。


反省事項に関する改善方法

1.ドライバーとの個別ミーティングを行い、是正点を明確にしデジタコ評価のアップを行う。

2.法令を遵守したうえで、交差点の右左折、ブレーキ操作に重点を置き優しい運転を行う。

3.バックは極力しない、またバックするときは窓を開け人の歩く速度でバックする。危険を感じたら降りて後方の確認を行う。


安全に関する目標達成状況

2020年度(2020.4月~2021.3月)

① 交通事故件数  9件
・自動車事故報告規制第2条に規定する事故 0件

② 物損事故件数 18件
・事故に関する情報 0件